初心者でもできる化粧品をうまく使ってできるナチュラルメイク

化粧品は女性にとっては必需品とされているアイテムとなっています。仕事をするときは化粧をすることが当たり前とされている時代になりました。しかし、いざ化粧をしようとしても、なかなかうまくいかず結局面倒くさくなってしまい化粧をしないことが当たり前になってしまう女性もいらっしゃいます。せっかく買った化粧品ももったいなくなってしまいます。誰もが最初はうまくいかないことが化粧の難しさでもあります。気合いを入れすぎて厚化粧になってしまって失敗したということも多々あることと思います。

今回はナチュラルメイクのやり方を述べたいと思います。まずナチュラルメイクとは、本来は気を配っているメイクだけれど自然な感じで化粧をしていないように見えるメイクのことです。決して薄化粧や手抜きとは違います。あくまでも光や影をうまく利用しているのです。では、具体的にどのようにやるのかを考えてみたいと思います。まずはメイクをうまくのせるために化粧水で肌に水分をしっかり与えます。次にファンデーションに移りますが、その前に化粧下地でメイクの基礎を作る必要があります。これを塗ると化粧崩れを防ぐことができ、ファンデーションが直接肌に付くのも防げます。そしてファンデーションを塗ります。リキッドタイプならば少量乗せてムラが出ないように素早く伸ばします。パウダーファンデーションを使用する場合はコンシーラーでシミやクマを抑えてから使用するといいとされています。

そして最後はファンデーションを落ち着かせて化粧を長持ちさせるためにフェイスパウダーを使い、仕上げをします。これでファンデーションは終了です。次にアイライナーです。ペンシルタイプは濃淡の調整もでき、ナチュラルメイクにはぴったりです。リキッドタイプは濃くなりがちですが細かく繊細なラインが引けます。色としてはブラウンやネイビーを使うとナチュラルに仕上がります。では実際に引くとき、ナチュラルに仕上げるためにはまつげのラインだけ引きます。目の形に合わせながらまつげの隙間を埋めていくような感覚でつけるといいとされます。最後は鏡でしっかりとチェックします。アイライナーはこれで終了です。次にアイブローです。まずは眉の流れを整えて眉の形を決めます。眉頭、眉山、眉尻を決めて眉を書きます。そして眉毛のラインからはみ出た部分をカットして形を整えます。一本ずつ丁寧にすることが大切です。次に口元です。まずはリップクリームで保温します。潤ってきたらティッシュでとります。そしてリップライナーで唇の輪郭を書きます。そして輪郭の中を口紅でムラのないように塗ります。そしてグロスで艶々に仕上げます。このように化粧品には様々な種類があります。最初はナチュラルメイクをして、自分のチャームポイントを見つけ、そこを生かせる化粧品を選び、うまく化粧をしていくとより美しく綺麗に仕上がると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*